子宮の異常と不妊症

不妊症の原因はいろいろありますが、子宮の異常が原因となっている場合もあります。

子宮というのは、赤ちゃんをお腹の中で育てる大切な部分です。ですから、子宮内膜に異常があることで、受精しても受精卵が着床できない、また着床しても流産しやすくなってしまうようです。

子宮の異常は、子宮が2つあったり、形に異常がある場合なども有りますが、これは稀なことで、多くの場合には子宮筋腫、子宮内膜症、性感染症などが関係しています。また、人口妊娠中絶をしたことで子宮内膜が癒着してしまい、それが原因となって不妊症になってしまうこともあるようです。

ただ、子宮内膜症や性感染症などが原因の場合、絶対に妊娠できないというわけではないですし、原因を改善することで、不妊症を改善できるかもしれません。まずは、いろいろな原因の中から、自分の不妊症の原因を知ることが大切です。不妊治療は長い期間がかかることも多いようですが、夫婦で協力し、改善できるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする