不妊症の原因、卵管障害

不妊症の原因は、子宮の異常や排卵障害がありますが、そのほかにもいくつか原因があります。まず1つは、卵管障害です。

卵管障害は不妊症の中でも30から40パーセントを占めているといわれる原因といわれており、不妊症の原因の中で最も多いといわれています。卵管は受精する部分なのですが、その卵管が詰まっていたり細くなっていると、精子と卵子が出会うことができなくなってしまいます。また出会えたとしても受精卵が子宮まで到達できなくなってしまうのです。

卵管障害は、子宮内膜症やクラミジアなどの性感染症が原因になることが多いようです。

ただ卵管は1つではありません。卵管は左右にあるので、どちらかひとつが詰まっていても、もう片方が正常の場合、タイミング指導で、妊娠できることもあるようです。また軽いつまりの場合には、精密検査をするうちに改善されることもあるようです。ただ、療法が詰まってしまっている場合には、体外受精を行うことになるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする