男性側にある不妊の原因

不妊症は以前は女性に原因があるものと思われていましたが、最近では男性にも原因があることがわかってきていて、その比率は半々ともいわれています。では男性の場合には、どんな原因があるのでしょうか。

まずは、性交障害です。インポテンツや勃起ができてもうまく射精ができない場合、
不妊症の原因となってしまいます。

また、精子が作られていない、数が少ない、元気が悪い、奇形が多いなども不妊症の原因となり、男性の不妊症の原因の80パーセントほどを占めているようです。精子の異常は先天的なもの以外にも、ホルモン異常、性感染症、尿路感染症。そして、おたふくやストレス、高熱を伴う病気、などが影響している場合があるようです。

また、精管通過障害といい、精子の通り道の精管がふさがってしまっていることもあるようです。

そして、ストレス社会といわれる現代ですが、そのストレスが不妊を引き起こしてしまっていることもあるようです。その他、お酒の飲みすぎや煙草のすいすぎ、過度の疲労、
糖尿病などの疾患も不妊に影響しているといわれています。

女性だけではなく、男性もストレスをためないようにしたり、疲労を回復させたり、暴飲暴食などには気をつけたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする