不妊症の検査って何をするの?~女性側の検査~

不妊症は女性だけの問題ではありません。不妊の原因が男性にある場合も考えられます。ですから、不妊症で病院にいく場合には、夫婦そろっていくのが理想的です。

検査方法は女性と男性で違いがあるのですが、どんな検査をするのか知っておくと、少し安心かもしれませんね。

では、女性側の不妊症の検査はどのようなことを行うのでしょうか。初診の時には、年齢や結婚の年数、妊娠や出産、中絶の経験、月経状態、性交の状況、過去の病歴などを聞かれるでしょう。聞かれて言いにくいこともあると思いますが、基本的なデータは大切です。正確に答えるようにしましょう。排卵の状態などを知るためには、基礎体温をつけておき、それを持参するといいでしょう。

問診が終わったあとには、内診をしたり血液検査、尿検査、乳房チェックなどをすることもあるようです。

そのほかの検査として、子宮の形態、子宮筋腫、卵巣脳腫などがないかを調べたり、
排卵の有無や卵子の状態を調べる、超音波検査。X線で、子宮の形や大きさ、そして卵管の状態などを調べる子宮卵管造影検査。ファイバースコープで卵管や子宮を検査する、腹腔鏡検査。排卵の有無や排卵障害などを知るためにホルモンの測定をする、ホルモン検査。排卵期に頸管粘液をとる、頸管粘液検査。性交後に子宮頸管ないの精子をチェックすることで、抗精子抗体の有無を知ることができる、ヒューナテスト。
そして、子宮がん検診、クラミジア、と基礎プラズマ、梅毒、貧血、風疹、B型肝炎、C型肝炎なども検査を行うこともあるようです。

中には痛みを伴うこともあるようですが、不妊症の原因を知るためには、やはり、しっかりと検査を受けることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする