不妊症の検査って何をするの?~男性側の検査~

男性が不妊症の検査をするのは抵抗があるかもしれませんが、女性と男性の不妊の原因は、半々といわれています。ですから、なかなか妊娠できない場合には、やはり男性も検査をすることが理想的のようです。

男性側の検査は、問診で生活習慣、過去の病歴、性交状況などが聞かれるでしょう。そして、精液を取って、精子の数や運動性、精子の量、そして奇形があるかどうかなどを調べる精液検査。精液検査の結果、問題があった場合には触診などをおこなう、精巣検査などを行うようです。また、必要だとなった場合、ホルモン検査や染色体異常検査、性感染症などの検査を行うこともあるようです。

女性の検査に比べて、男性あまり検査項目がありませんよね。女性は実際に妊娠する側なので、いろいろなチェック項目がありますが、男性の検査は比較的簡単に終わります。

ただ、不妊治療には長期間かかることもあるので、男性側も女性をしっかり支え、協力してがんばっていくことが大切になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする