不妊治療はどのように行うのか

不妊治療というと、体外受精だったり、人工授精だったりを想像する人も多いのではないでしょうか?しかし、不妊治療はそれだけではありません。

不妊治療は、はじめから人工授精などを行うのではなく、個人差はあるものの、段階的に行うのが一般的なのです。まずは不妊の原因をしり、その原因を取り除くこと。そして、原因を取り除き、身体を正常に整え、自然妊娠を待つのも不妊治療です。

人工授精や体外受精ももちろん不妊治療のひとつです。自然妊娠が望めない場合には、人口受精や体外受精を選択することになるかもしれませんが、まずは自然妊娠ができるかどうかがはじめの段階となります。検査をし、まずは原因を特定することが大切です。

医療技術はどんどん進歩していて、昔と比べると不妊治療で妊娠できる確率は、
100パーセントではないとはいえ、かなり高まっています。長い時間がかかることもありますが、かわいいわが子に会うために、覚悟を決め、不妊治療を進めていく人も増えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする