基礎体温を測ることでわかること

妊娠を希望している人は特に、基礎体温を測ることをオススメします。基礎体温を測ることで、排卵日や、排卵があるかどうか、生理予定日、妊娠しているかどうかなど、
いろいろなことがわかります。ですから、不妊症かもと思っている場合、基礎体温表を見ることで、不妊の原因を見つけることが出来る場合もあります。

基礎体温というのは、人間が生きていくのに最低限のエネルギーしか使っていないときの体温です。睡眠中は最低限のエネルギーしか使っていないのですが寝ているときには体温は測れませんよね。ですから、朝起きてすぐに体を動かさず体温を測り、基礎体温とするのです。基礎体温を測る場合には、目が覚めたらすぐに、布団から出たりせず、布団の中で測りましょう。

また、起き上がるのも体温が変わってしまうので、寝たままはかりましょう。ですから寝る前に枕元に婦人体温計を置いておきましょう。婦人体温計は口ではかります。
舌の下に挟んで測りましょう。そして、毎日同じ時間に測るようにしましょう。

ただ、毎日測ることがストレスになる場合には、排卵前後はしっかり計測し、それ以外の器官は3日に1回などでもいいようです。

不妊症で病院を受診するときには2から3か月分の基礎体温表を持参するといいようです。もちろん測っていない場合でも、気になることがあればすぐに受診しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする