排卵障害とその治療法

妊娠をするためには、排卵していることが必要となります。しかし、ホルモン分泌が乱れたり、卵巣の機能が低下していることで排卵障害を引き起こしてしまうことがあります。排卵障害の治療は、排卵誘発剤で排卵を起こします。排卵障害によっていくつかの病気があり、その病気に合わせて治療を行っていきます。

まず、多のう胞卵巣症候群の場合には、クロミフェン剤、アロマターゼ阻害剤で排卵を促したり、インスリン抵抗性改善剤や漢方などを併用していくこともあるようです。
それでも効果が見られない場合には、hMG剤、hCG剤などの少し強力な排卵誘発剤を使うようです。その他、腹腔鏡手術で卵巣の表面に穴を開けて排卵しやすくする手術をする場合もあります。

卵巣機能低下の場合にもクロミフェン剤やシクロフェニル剤などの排卵誘発剤を使用したり、プレマリン、ジュリナなどの卵胞ホルモン剤で卵巣の働きを浴する方法もあります。そのほかには、低用量エストロゲン療法や、ホルモン剤を投与するカウフマン療法を行う場合もあるようです。

黄体化非破裂卵胞の場合には、タイミング法や卵巣の状態を整える効果があるピルを飲むなどの治療法があります。また、場合によっては、卵巣にハリを刺し、残った卵胞液を吸引する卵胞穿刺術を行う場合もあるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする