肥満と不妊は関係がある?

太っている人は、妊娠しても難産になりやすかったり、妊娠中毒症になるなど、リスクが高いといわれています。

それだけではなく、肥満は妊娠能力を低下させるとも言われています。

その理由はホルモンバランスです。3ヶ月以内に5キロの体重変化があるとホルモンバランスを崩し、妊娠率が低下してしまうのです。急激な体重変化は不妊と関係してくるようです。標準体重の120パーセント以上になると、不妊症発症の危険率は、2.1倍になるとも言われています。

BMIの標準は22から25なので、それ以上になると肥満ということになります。BMIは、体重×(身長(メートル)×身長(メートル))出だすことが出来るので、太りすぎだった場合には、適正値に戻すように努力をしてみましょう。

肥満は、ホルモン異常を起こすだけではなく、多嚢胞性症候群という、卵巣からたまごが飛び出すことのできない症状も引き起こしやすくなるようです。

肥満は、妊娠や出産のリスクを高めるようなので、妊娠する前に、適正体重を保っておきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする