クラミジアが不妊を引き起こすこともある

性感染症のひとつであるクラミジア感染症。クラミジア感染症は、クラミジアトラコマチスという微生物でおこします。

クラミジアは膣から子宮頚管、子宮内膜、卵管から卵巣、腹膜と、どんどん上に登り炎症を起こすのです。子宮頚管で炎症を起こすと、頸管粘膜の分泌か悪くなります。そうなると、精子が通過しにくくなってしまいます。また、卵管が炎症を起こすことで卵管が詰まったり閉塞してしまうこともあるようです。また、腹膜が炎症を起こしてしまうと、卵巣や卵管、子宮の周りの組織に癒着を起こしてしまう場合もあるようです。

クラミジアに感染しても自覚症状がほとんどないので、気がつかないうちに慢性化してしまうことも多く、不妊症を引き起こしてしまうようです。検査をしない限り気がつくことは少ないようです。ただ、場合によってはおりものが増えたり出血がある場合も有るので、少しでも異変を感じたら、婦人科を受診するようにしましょう。

そして、クラミジア感染が確認された場合には、パートナーも必ず検査を行い、治療をすることが必要です。どちらか一人が治療し完治しても、パートナーが感染していては、パートナーからまた感染してしまいます。

クラミジアは多くの場合、薬を飲むことで改善できるものなので、医師の指示通りに薬をのみ、改善させましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする