冷え性は不妊の原因になる?

不妊治療を受けている人には、冷え性が多いといわれています。冷え性は不妊と関係があるのでしょうか。

冷え性が必ず不妊症を引き起こすというわけではありませんが、冷え性は、月経異常や卵巣、卵管機能不全、ホルモン異常などに影響しているといわれています。また、無月経などの排卵障害や、子宮内膜症や子宮内膜炎、黄体機能不全などの着床障害なども、冷え性が原因のひとつとなっていることが多いようです。

冷え性になると、血液循環が悪くなってしまいます。血液循環が悪いと、栄養素や酵素、ホルモンなどがうまく身体にいきわたらなくなり、生殖機能の低下の原因ともなってしまうのです。そして、生殖機能の低下が不妊の原因となってしまうのです。

妊娠を希望している人は特に、冷えには気をつけたいものです。ゆっくりとお風呂に使ったり、半身浴をしたり、身体を温めるようなものを食べたり、衣類に工夫をしたりと、冷え症にならないように、そして、冷え性の人は冷え性が改善されるように心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする