二人目不妊とは

子どもは授かりものといいます。1人を妊娠、出産し、2人目の妊娠を希望しても、なかなか妊娠できないというケースもあります。それを続発性不妊症といいます。

続発性不妊症は、流産や人工中絶などの影響で出産できないものも含まれます。では続発性不妊症はなぜ起こるのでしょうか。原因のひとつとしては、年齢があります。
女性も男性も、年齢を重ねていくと生殖機能が衰えていきます。1人目を妊娠したときには若かったけれど、2人目の妊娠を希望する頃には、いくつか年齢を重ねているでしょう。

女性の場合は、ホルモンバランスなどが変化していることもあり、排卵状態も変わっていることが考えられます。1人目の出産のときに感染症や子宮の病気を引き起こし、
妊娠しにくくなっていることもあるようです。女性の身体はいつも同じではありません。

1人妊娠し、出産しているからといって、2人目も必ず妊娠できるものではありません。2人目を希望し、避妊をせずに1年以上妊娠できないようなら、病院を受診したり、体内環境の改善を心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする