年齢と不妊のリスク

晩婚化で30代の出産も増加していますが、年齢を重ねれば重ねるほど、不妊のリスクも高まります。30歳をすぎると、年を重ねるごとに妊娠能力が3.5パーセントづつ低下するといわれています。

卵巣機能の低下が原因となるのですが、卵子の状態も30代後半になると悪くなり、急激に妊娠率が低下するようです。

不妊治療を行っている人の平均年齢が、34歳から35歳ということからも、30代をすぎると不妊のリスクが高まることがわかると思います。

また、30代をすぎると、子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜炎症、子宮内膜ポリープなど、不妊の原因となる病気も増加してしまいます。

30代以降で結婚をし、妊娠を考えている人は、早めの計画がオススメです。不妊治療の成功率も、年齢を重ねるほど低下していきます。また、不妊治療は一般的な治療には2年、高度生殖医療には、2年から3年と、あわせると5年ほどの年月がかかる場合も考えられます。このようなことから考えても、万が一不妊の兆候がある場合には、早めに受診するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする