不妊症に効果があるといわれている漢方

長期間服用しても、薬とは違い副作用が少ないなどということから、最近人気が高まっている漢方ですが、不妊症に効果があるといわれている漢方もあります。

漢方は、機能性不全や黄体機能不全、肥満症、月経異常、精子減少症や精力増進などに効果があるようです。

女性の不妊症に使用されることの多い漢方は、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、体力低下や排卵障害、黄体機能不全などの症状に効果があるといわれています。また、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、足腰の冷え、便秘、月経過多などの症状がある肩に効果があるといわれています。
骨格ががっしりしていて月経困難症などの場合には、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)などの漢方が処方されるようです。そのほかにも、八味地黄丸(はちみじおうがん)、排卵湯(はいらんとう)、四物湯(しもつとう)などが使われる場合もあるようです。

男性の不妊症には、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、大柴胡湯(だいさいことう)、八味地黄丸(はちみじおうがん)などが効果的といわれています。

漢方は、ほかの人が効いたからといって、必ず自分にも効果があるとは限りません。
体質や体つき、症状などによっても合うものが違ってくるので、自分にあった漢方を選ぶ必要があります。漢方を取り入れる場合には、医師や薬局に相談して自分にあったものを選んでもらいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする