子宮内膜ポリープと不妊の関係

不妊の原因となる症状はいろいろありますが、子宮内膜ポリープも不妊の原因となる場合もあるようです。

子宮内膜ポリープは、名前からもわかるように、子宮内膜にできる良性のポリープです。子宮内膜がエストロゲンの影響により過剰に増えることでできるといわれています。ポリープの場所によっては、受精卵が着床するときの邪魔になってしまうこともあるので、不妊の原因のひとつとも言われています。

もし、着床の邪魔になっている場合には、手術で切除することになります。手術といっても子宮鏡で切除できるので、あまり怖がる必要はなさそうです。ただ、ポリープの場所や数によっては、子宮鏡で切除するのではなく、そうはすることもあるようです。

子宮内膜ポリープは不正出血や月経過多などの自覚症状が出る場合もありますが、
自覚症状が全くな場合もあります。超音波検査や経膣超音波検査などでわかるようです。もし、いつもと違う症状がある場合には、早めに受診をすることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする