妊娠と禁煙の関係

喫煙は百害あって一理なしとも言われ、自分の身体にもメリットはないですし、妊娠中にお母さんがたばこを吸うことで、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす場合もあるようです。また、授乳中も、母乳に影響するといわれています。

ですから、妊娠したらたばこはきっぱりやめましょう。

ただ、妊娠したい人にとってもたばこは天敵です。たばこは身体にいろいろな影響がありますが、血流を悪くするという影響もあります。血流が悪くなると体が冷えやすくなり、妊娠しにくくなってしまうことが考えられます。

そして、もし妊娠できても、妊娠初期段階というのは、お腹の中で心肺機能など、大切な器官が作られている時期なので、たばこの影響は高いといわれています。妊娠を考えている場合には、禁煙に挑戦しましょう。

また、男性の喫煙も精子を減少させるとも言われていますし、副流炎にも害はあるので、身近にいる人は禁煙に協力したり、離れたところでたばこを吸うなど、協力してあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする