不正出血を軽く見ない

女性の身体はデリケート。ストレスや疲れなどでホルモンバランスが崩れることで、不正出血を起こすこともあります。

また、排卵期出血といわれるものもあり、排卵が起こっているときに、薄いピンクのような出血がある場合もあるようです。

このようにあまり心配がない不正出血もありますが、不正出血があった場合、自分の判断でほおっておくのは危険です。不正出血は、なにか病気のサインである場合もあるからです。

子宮の病気でよく知られている子宮筋腫も、不正出血が起こることで発覚することも多いようです。また、卵巣が腫れていたり、腫瘍がある場合などにも不正出血が考えられます。不正出血があった場合には、その原因を知ることが大切です。

原因によっては、治療や手術が必要になる場合もあります。治療の必要がある場合にも早期治療のほうが、効果が期待できます。

もしかしたら、その病気が原因で不妊を引き起こしていることも考えられます。不正出血は自己判断をせず、受診することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする