高プロラクチン血症とは

プロラクチンとは、ホルモンのひとつで、授乳中の女性が多く分泌するホルモンです。プロラクチンは母乳を出すためのホルモンですが、排卵を抑えて生理をおきにくくする働きもあります。

産後、授乳中になかなか生理が再開しないのは、このプロラクチンの働きで、中には1年ほど生理がこないという人もいます。また、授乳中は、生理が来ていても無排卵の場合もあるようです。

授乳をやめることで、母乳が出なくなり、プロラクチンが分泌されなくなることで、生理も排卵も正常になってくるのです。これは、産後の女性に見られる症状なのですが、出産をしてない女性に起こる場合もあり、それを高プロラクチン血症といいます。産後と同じように、母乳が出たり、月経不順になったり、排卵がおきないこともあるようです。

高プロラクチン血症の原因のひとつとして、ピルや降圧剤を使用することでホルモンのバランスが悪くなったことがあります。また、脳下垂体の腫瘍ができていることが原因となることもあるようです。原因不明の場合もあるようですが、高プロラクチン血症になっても、多くの場合は投薬で排卵させ、妊娠することは可能です。

気になる症状があった場合には、病院を受診しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする