貧血と不妊の関係

妊娠中、貧血といわれると鉄剤などを処方されることがあります。貧血が強い場合、何かのトラブルで出血したときやお産のときに、問題が生じてしまいかねませんし、ひどい場合には命に危険を及ぼしてしまうことも考えられるのです。

そんな貧血、不妊とも大きく関係しているようです。

血液は、体中に酸素や栄養素を運んでいます。しかし、貧血だった場合、体の隅々まで栄養が行き届いていないことが考えられます。それは子宮や卵巣にも影響し、受精しにくかったり、受精卵が着床しにくいなどということが考えられるのです。

また、待望の妊娠をしたときでも、貧血だった場合には赤ちゃんに十分な栄養を送ってあげられないかもしれません。貧血は妊娠できても、流産の原因になることもあるそうです。生理不順の方は、この貧血が原因となっていることもあるようです。

このようなことから、貧血と不妊は関係が深いようです。女性は貧血になりやすいものですが、妊娠を希望している場合などは、貧血を改善しておきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする