漢方でつわりのケア

つわりは病気ではないとはいえ、つらいものです。妊娠中期にはほとんどの人がおさまってくるのですが、症状が思い場合には、赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうこともあります。そんなときには漢方を取り入れることもあるようです。

つわりのケアでよく使用される漢方は、六君子湯(りっくんしとう)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、二陳湯(にちんとう)です。

食欲がなかったり、舌にコケがつきやすい、口が粘つきやすいなどの症状があるときには、小半夏加茯苓湯(しょうはんげぶくりょうとう)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)などが効果的のようですし、イライラしがちな場合には、ストレスがたまっていることも考えられるので、抑肝散加陳皮半夏湯(よくかんさんかちんぴはんげ)、釣藤散(ちょうとうさん)などが効果的のようです。

漢方は、体質によって使い分けられます。妊娠中でもそれは変わらないので、漢方を取り入れる場合には、病院や漢方の専門家に相談してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする