冷えが原因の不妊に効果的な漢方

最近の女性は冷え性が多いのですが、その冷えが不妊の原因になっていることもあります。冷え性になると血流が悪くなり、排卵機能がうまく働かなかったり、卵子の質が落ちたり、赤ちゃんに栄養が行き届かないなどがあり、不妊を引き起こしてしまうのです。

不妊症に悩んでいる多くの人が冷えの症状があるといわれています。

冷えが原因で血流が悪くなっている場合には、冷えを改善する必要があります。できるだけ下半身は冷やさないようにしましょう。服装にも気をつけたいですね。家にいるときでも靴下を履いて、足を冷やさないようにするのも効果的です。

血流が良くなくて手足が冷えやすかったり、生理のときに血の塊が出る、生理のときに強い痛みがあるなどの症状がある人は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や温経湯(うんけいとう)などの漢方を取り入れるといいようです。

また、ストレスが原因となって血液の流れが悪くなってしまっている場合には、ストレスを発散したり感じにくい環境に整えることが必要となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする