食事が原因の不妊に効果的な漢方

不妊の原因のひとつに食事の不摂生があるといわれています。最近は、食事も欧米化してきていて、脂っこいものや甘いものなどもたくさんあります。また、仕事が忙しいなどで、外食をしたりお弁当ばかり食べているという人もいるでしょう。

そんな生活が続いていると、身体に余分な水分がたまってしまい、血行が悪くなってしまうようです。

血行が悪くなると、排卵がうなくできなかったり、卵子の質が落ちてしまうことなどが考えられるのです。

食事が原因となっているので、まずは食生活を見直すことから考えましょう。脂っこいもの、甘いもの、生物は控えるようにし、食事は栄養のバランスを考えて、1日3食とるようにしましょう。間食もとりすぎは禁物です。

食生活の偏りで不妊となっている場合、めまい、吐き気、動悸、肥満、舌にコケがつきやすい、無月経、おりものが多い、経血量が少ない、整理周期がながいなどの症状が考えられます。

そんなときに効果的といわれている漢方は、胃の機能低下や、不快感などに効果がある、二陳湯(にちんとう)や温胆湯(うんたんとう)などです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする