生理と不妊症

女性にとって生理は面倒なものでもありますが、子どもを授かるには必要不可欠なものです。その生理のトラブルというのは、不妊の原因となっていることもあります。

生理不順の場合には、次の生理がいつくるの予測できないので、排卵日がわからないということになり、排卵のタイミングにあわせることが難しいのです。また、生理不順の原因として、卵巣の機能不全が考えられ、排卵がうまく起こっていない場合もあり、それも不妊の原因となってしまいます。

生理周期が短い人も注意したいものです。というのも、普通は2週間かけてじっくり熟成する卵が、生理周期が短いことで、しっかり成熟できず、排卵をしていない場合があるのです。

生理不順は不妊の原因となっていることもありますが、排卵があれば妊娠は可能です。医師の指導で排卵日を探してみましょう。

ただ、生理がとまってしまった場合には、早めに対策を行う必要があります。ストレスが多かったり、大きなショックを受けたり、無理なダイエットをした場合などに、生理がとまってしまうことがありますが、その場合、回復することで生理がまた始まるのかというと、そうではない場合もあるようです。卵巣は働かない期間が長くなってしまうと、年齢が若い場合でも閉経してしまうことがあるのです。生理がとまってしまうと妊娠は難しくなってしまうので、早めに受診しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする