生理痛と不妊症の原因?

生理になると、おなかが痛くなったり、腰が重くなったり、頭痛がしたり、イライラしたりと、生理痛が起こる場合があります。

生理痛には個人差があり、全くいつもと変わらない人もいれば、起き上がれなくらいつらいという人もいます。子宮内膜がはがれる面積が広ければ広いほど、生理痛もひどくなるといわれているようです。

ただ、通常の生理痛は不妊の原因とはなりません。

逆に、生理痛が起こるということは、子宮や卵巣がしっかり機能しているということになるので、妊娠の可能性はおおいにあるのです。生理痛自体は不妊のサインというわけではありません。

ただ、生理痛も痛みがだんだんひどくなってくる場合や、急に痛みが強くなった場合などは、注意が必要です。もしかしたら子宮内膜症、子宮筋腫などのサインの場合があるのです。

その場合には、不妊につながる場合もあるので、生理痛の症状がいつもと違ったり、出血が長引くなどの場合には、病院を受診してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする