内視鏡検査で何がわかる?

内視鏡というのは、小さな鏡がついている管で、胃カメラのようなものです。それを体内に挿入することで、子宮や卵巣、卵管などを白めることができるのです。

内視鏡検査は膣内から挿入する、膣鏡検査と、お腹に穴をあけてそこから内視鏡を挿入する、腹腔鏡検査があります。多くの場合は膣鏡検査となるようですが、癒着があり膣からの検査ができない場合には、腹腔鏡検査となるようです。

ただ、小さい穴なので、ほとんど傷も残りませんし、大きな開腹手術をしなくても、卵管の癒着や、子宮筋腫、卵巣の病気などをしっかり確認できるようになったのです。

癒着があり検査がしにくい場合や、卵管通過障害がはっきりとしていない場合など、手術をするべきかどうかを判断するときに有効的といわれています。

膣鏡検査の場合、軽い癒着の場合など、そのまま治療が出来る場合もあるようです。
腹腔内検査の場合には、全身麻酔を行い、2から3箇所を1センチくらいづつ切開して行うようですが、切開部分が小さいので、身体に負担がかからないのはうれしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする