不妊治療のステップ。まずは検査とタイミング

不妊治療をするといっても、すぐに人工授精をするというわけではありません。まずは基礎検査を行い、すすめていきます。

基礎検査を行い、大きな原因が見当たらない場合には、タイミング法の指導を受けることになります。

タイミング法は、排卵のタイミングを見計らって成功の指導を行うものです。基礎体温やエコー、尿検査などでホルモン値を見ながら排卵日を予測するのです。

また、排卵がスムーズに行われていない場合には、排卵誘発剤を使用します。排卵誘発剤は、飲み薬と注射があります。軽い場合には飲み薬を使用しますが、飲み薬で効果が無い場合には注射を使用します。

検査の結果、排卵障害や頸管粘液に問題がある場合など、内分泌系に不妊の原因がある場合には、薬物療法も併用します。使われているのはホルモン剤が中心となっているようです。また、漢方薬を使い、血行を良くするなど、体質改善をする人も多いようです。漢方薬なら、他の治療と並行して行うことが出来るメリットもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする