初期流産について

待ちに待った妊娠でも、何らかの原因で流産してしまうこともあります。妊娠している人の10から15パーセントは、流産をするというデータもあります。

流産もいろいろな種類に分けられており、妊娠12週までの流産は、初期流産といわれています。
流産をしてしまった人は、この初期流産が多いようです。
また、これ以前に、妊娠反応はあるものの、胎嚢が確認されず生理が来ることを、
科学的流産といいます。

この初期流産の原因は、ほとんどの場合染色体異常といわれています。染色体異常の場合、発育能力がなく、初期に自然淘汰してしまうようです。

初期流産のケースは少なくないので、1度の初期流産で原因を調べることはあまりないようですが、流産を繰り返すようであれば、不育症の検査を行うようです。

初期流産では、出血や下腹部痛があり、子宮内にあるものが外に排出される進行流産の場合と、子宮内で胎児がなくなっている稽流流産があります。初期流産は、子宮内容物がほとんど外に出た場合、完全流産とされ、子宮内容物が一部残ってしまっている状態を、不全流産といいます。完全流産は内容物が出てしまえば、出血も痛みもなくなりますが、不全流産の場合には、出血や痛みが続くので、手術を受ける必要があります。

稽流流産は、自覚症状がなく、検診でわかる場合が多いようです。稽流流産はそのまま放置していると、進行流産となるのですが、その場合、大量出血や強い痛みがともない、母体に大きな負担がかかってしまうことがあります。ですから、稽流流産が確定したら、手術をすることが必要となるようです。

同じ流産という言葉が使われているのですが、切迫流産は、流産しかかっている状態であり、適切な治療を受けることで妊娠の継続が出来る場合もあります。

流産は悲しいことですが、初期流産の場合、多くの原因は染色体異常であるため、
自分を責めず、身体を休め整えましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする