胞状奇胎とは?

通常胎盤を作る絨毛組織。その絨毛組織が変化し、ツブツブに異常増殖してしまうことを、胞状奇胎といいます。別名ぶどう子とも言われるようですが、胎児はツブツブの中に吸収されてしまい、育つことができません。

症状としては、下腹部痛はありませんが、少量の出血が続きます。また、つわりの症状がひどかったり、妊娠週数よりもお腹が大きめになるようです。

原因としては受精卵にあるのではないかといわれているようですが、はっきりとしたことはわかっていないようです。

そのままにしておくと、突然大量出血を起こすことがあり、命の危険があります。胞状奇胎と診断されたら、ソウハ手術が必要です。

ただ、この場合、子宮内に絨毛組織が残らないように、2回から3回の手術が行われるようです。絨毛組織が残っていると、絨毛ガンとなってしまう場合があるためです。手術がしゅうりぃうしたあとは、定期検査を受け、絨毛ガンのチェックをします。検査をしている間は、石の許可が下りるまで。妊娠を避ける必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする