不妊症とチョコレート嚢腫の関係とは?

子宮内膜症とは、子宮に内膜症がおこる症状ですが、子宮ではなく、卵巣に内膜症がおこってしまうことを、卵巣チョコレート嚢腫といいます。

卵巣に子宮内膜とにた組織が出来てしまうので、それがどろどろとチョコレートのように剥がれ落ちて、嚢腫となる病気なのです。

症状としては、月経痛の悪化があります。これまで月経痛がなかったのに、急にひどくなったときには、注意が必要です。また、月経痛とは関係がない下腹部痛や腰痛、性交痛などの症状もあります。

チョコレート脳腫の治療法は、まずはホルモン療法ですが、癒着や再発が多いので手術をすることもあるようです。卵巣チョコレート嚢腫があっても妊娠できることもありますが、チョコレート嚢腫は、癒着が強いので、卵管閉鎖や卵管の機能障害を起こしやすく、不妊の原因にもなってしまうのです。

卵巣チョコレート嚢腫は良性ですが、卵巣がんに変化してしまう場合もあるので、
早期発見が大切となります。気になる症状があったら早期受診、早期検査をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする