不妊症の原因で多いのは機能性不妊のピックアップ障害

機能性不妊とは、最初の不妊の検査で何の異常も見つからないのに、自然妊娠できない症状です。2年間自然妊娠しない場合に不妊といわれるのですが、その中の2割がこの機能性不妊といわれます。

そして、その中でもピックアップ障害が多いといわれています。ピックアップ障害とは、排卵された卵子が、何らかの不具合がありうまく取り込むことができない症状なのです。卵子がうまく取り込まれないと、精子と卵子がうまく出会うことができず、妊娠ができないのです。ピックアップ障害は、卵管の先端にある卵管采に異常があり、卵子をキャッチできないという場合もあるようです。

ピックアップ障害の治療としては、まずホルモンバランスや体内環境を整えることです。それでも自然妊娠できない場合には、排卵誘発剤や人工授精などを考える必要があるでしょう。

もし、ピックアップ障害でない場合でも妊娠できない場合には、食生活や生活環境を整える必要があります。女性側だけではなく、男性側も改善する必要があるでしょう。
意識的に妊娠しやすい体を作るように心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする