先天性子宮奇形が不妊の原因になる?

不妊の原因はいくつかありますが、子宮の奇形もそのひとつとなりえます。子宮奇形と一言で言っても、いくつかの種類があります。

重複子宮というのは、子宮が2つある状態のことです。双角子宮は、子宮の上の部分が2つの角のようになっている状態のことを言います。短角子宮は、卵巣が片側しかなく、発育不全の場合と、ミューラー管が1本消滅してしまっているという2つの場合があります。

不妊の原因が子宮奇形の場合、子宮の形成手術を行うこともあるようです。症状によっては、手術ができない場合もあるようですが、奇形の形成手術を行うことで妊娠できることも多いようです。

また、子宮が小さいこともありますが、妊娠することで子宮が大きくなる場合は問題ありません。ただ、子宮内膜症が原因で小さく硬くなっている場合には、不妊に影響していることもあります。

子宮奇形は不妊に影響する場合もあり、妊娠しても、流産の可能性も高まるようです。検査などで発見された場合にはどうするのか医師としっかり相談するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする