子宮内膜症と不妊の関係

子宮内膜症は最近増えている病気です。10人に1人がかかる病気といわれていますが、原因ははっきりとはわかっていません。ストレスが原因となっている場合が多いともいわれています。

子宮内膜症は子宮内膜と同じような組織が骨盤の中のできる病気です。子宮内膜は月経のときに剥がれ落ちるのですが、子宮外にできている場合にも、剥がれ落ちます。そしてそれが再生したときに癒着を起こしてしまい、癒着がひどくなってしまうと、子宮と卵巣がくっついてしまうこともあるようです。

妊娠には、正常な排卵、そして着床が必要です。子宮内膜症の場合、子宮に炎症が起きてしまっているので、着床ができにくい場合があるのです。

子宮内膜症の症状としては、月経痛の悪化、吐き気・下腹部の痛み、めまい、排便時の痛みなどがあります。このような症状がある場合には、病院を早めに受診しましょう。

治療法は、薬物治療か、腹腔鏡手術などのようです。また、このような症状が現れた場合には、子宮内膜症以外が原因となっている場合もあるので、まずは受診をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする