妊娠しやすいタイミングとは?

妊娠の確率を上げるためには、妊娠しやすい日というのを知っておくといいでしょう。卵子の受精能力は24時間。そして精子は3日間といわれています。精子のほうが生存期間が長いので、排卵日の3日前から排卵日の次の日までという、5日間が妊娠しやすい確立の高いタイミングといえます。排卵日だけではなく、この5日間に性交を行うことで妊娠の確率が高まるようです。

そのためには、排卵日を見極めなくてはいけません。もっとも確実な方法は基礎体温をつけることです。基礎体温が低い時期が「低温期」。高い時期を「高温期」といいます。低温期から高温期へと変化するときが来るのですが、そのときに特に体温が下がる日があるのですが、それが排卵日となります。排卵痛などを感じる人もいるようですが、基礎体温をつけていたほうが確実です。

基礎体温をつけたものをグラフにしておくことで、自分のサイクルがわかるようになり、
排卵日を確定しやすくなるでしょう。最近では、携帯電話などで基礎体温を管理できるものもあるようなので、それらを利用してみるのもいいのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする