妊娠しやすくなる食事

妊娠しやすい体を作るためには、食生活を整えることも大切です。では、妊娠しやすい身体を作る食事とはどんなものなのでしょうか。

基本は、バランスの取れた食事です。色々な食材を食べることでバランスが取れやすくなるといわれているので、1日30品目を目指してみましょう。

品目はもちろん、彩りも考えることで、さらにバランスがよくなるといわれています。品目や彩りに気をつけながら、さらに、妊娠に良いといわれているものを取り入れてみましょう。

子宮にいいといわれているのは、色が黒い食材です。たとえば、ひじきや黒豆、黒ゴマ、ワカメ、しいたけ、昆布などです。このような食材は和食に多く使われますし、和食中心の食生活は、低カロリーで、品目を多くしやすいのでおすすめです。

ただ和食は味付けも大切で、味付けが濃くなったりしないように気をつけましょう。できるだけ、薄味を心がけることが大切です。

外食が多いという人はできるだけ家で作って食べるようにしたいですが、もしそれが難しい場合には、外食のメニュー選びに気をつけてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする