食事で身体を温める

不妊症で通院している人の多くは冷え性といわれています。体の冷えと不妊というのは大きく関係があるようです。妊娠しやすい体を作るためには、冷やさないことが大切となるのですが、食べ物や飲み物にも身体を温めるものと冷やすものがあります。

体が冷えやすい飲み物は、コーヒーや緑茶などのカフェイン入りの飲み物や、炭酸飲料、水、牛乳、アルコール類などがあります。

逆に体を温める飲み物とは、紅茶や烏龍茶、プーアル茶などがあります。水分を多くとったほうがいいといわれていますが、良く飲む飲み物は身体を冷やしやすい飲み物が多いようです。できるだけ身体を冷やさない飲み物を取り入れるようにしたいですね。

また、身体を冷やすといわれている食べ物は、暑い季節に旬になる野菜や、暑い地域で取れる果物などです。また、乳製品も身体を冷やすといわれています。

逆に身体を温めるものは、寒い季節に旬を迎える食材や寒い地域で取れる果物、
肉類です。

体の内側から温かくなると、内臓などの働きが良くなり、代謝もアップします。代謝の悪さや冷えを感じている場合には、体が温まる食材を取り入れてみるといいでしょう。

ただ、体が冷えるものを取り入れてはいけないということではありません。基本は栄養バランスの取れた食事が良いので、温まる食材ばかりをとる事を考えすぎないよう、そして、ストレスがかからないように取り入れることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする