太りすぎだけではなく、痩せすぎも不妊の原因

太りすぎは不妊の原因となってしまうことは知っている人も多いのではないでしょうか。太りすぎてしまうと、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが多くなりすぎてしまい、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

また、それによって排卵生涯を引き起こしてしまい、卵胞ホルモンの1部が男性ホルモンと変わってしまうこともあるようです。

血糖値があがると、黄体化未破裂卵胞(LUF)や多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)なども引き起こしやすくなりますし、妊娠しても妊娠中毒になりやすいようです。また難産に成る確立も高く、胎児に影響を与えたり、流産を引き起こす場合もあるようです。

太りすぎが妊娠に影響を与えるのは女性だけではありません。男性も太りすぎの場合には、女性ホルモンの分泌量が増えてしまい、運動率が悪い精子が増えたり、精子そのものの数が減ってしまうことが考えられます。太りすぎの男性は不妊症のリスクが10パーセント以上も高まるようです。

ただ、無理なダイエットのストレスも妊娠には悪影響です。しかし、不妊症の原因となってしまうのは太り過ぎだけではないのです。

逆に痩せすぎも問題となり、生殖機能が低下して無排卵や月経が止まってしまうのです。
妊娠しやすい体重というのは、適正体重です。身長によって適正体重は違うので、適正体重を知り、その体重を保つことが妊娠しやすい体を作ることになりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする