骨盤の歪みと二人目不妊の関係とは?

1人目はスムーズに妊娠できて出産したのに、2人目の妊娠を望むとなかなか妊娠できないという二人目不妊は意外と多いようです。

二人目不妊の原因は年齢なども影響してきていますが、骨盤の歪みとも関係しているようです。骨盤は個人差はあっても誰でも多少は歪んでいるものです。しかし、出産をすることで産道が大きく広がり、骨盤も大きく開きます。その後、骨盤エクササイズなど骨盤を閉めることをしない場合、開いた状態のまま固まってしまうのです。

骨盤が開いたままになってしまうと、内臓が下がってしまい、内臓を支える筋肉も緩んでしまいます。それによって代謝も悪くなってしまい、身体にいろいろな悪影響を与てしまうのです。

たとえば、横隔膜のけいれんや頻尿、生理痛の悪化、便秘、冷え性、姿勢不良、バストのたれ、肩こり、腰痛などです。妊娠前と産後では比べものにならないくらい体が変化してしまう場合もあるようです。

また、妊娠中は、筋肉も落ちているので、代謝が悪くなることはその影響も大きいようです。代謝が悪くなることで、内臓の働きも悪くなってしまうのです。また、内臓が下がることで、下の部分になる子宮や卵巣、膀胱などは影響を受けやすいようです。骨盤の歪みは、身体に色々な悪影響を与えてしまうようです。

最近では骨盤を整えて妊娠しやすい体を作ってくれる整体等もあるようなので、気になる方は利用してみるのもいいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする