顕微授精とは?

体外受精といってもいくつかの種類に分けることができます。

一般的な体外受精は、卵子を取り出し精子と受精させてから子宮に戻す方法ですが、顕微授精は、顕微鏡を使って、卵子に直接精子を注入する方法です。受精を人工的に行うこと以外は、一般的な体外受精と同じです。

直接受精させる精子は1つでいいので、精子の数が少ない、精子の動きが悪いなどの場合でも受精が可能です。また、勃起不全や睾丸や副睾丸の精子、冷凍された精子でも妊娠が可能となります。

ただ、とても繊細な処置なので、医療機関選びが大切です。医療機関を選ぶときには、体外受精の成功確立が高いことだけではなく、高度な技術がある病院を選ぶようにしましょう。また、妊娠とストレスは大きく関係しています。どんな不妊治療もそうですが、ストレスが大きいとうまくいかないこともあります。病院や医師の技術も大切ですが、信頼できる医師かどうかなど、相性のよさも大切になります。

また、不妊治療はパートナーと協力することも大切です。自分だけではなく、パートナーも一緒に信頼できる病院を見つけましょう。

顕微治療は人工的な処置を行います。薬剤を使用するので、リスクがあることも知っておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする