体外受精の適応

体外受精はこれまでいくつかの不妊症治療を試してみても妊娠できなかった場合に取り入れます。検査をして不妊の原因が見つかった場合でも、体外受精で妊娠することが可能なのです。

両側の卵管を失った場合や、炎症などを起こし、卵管が療法とも詰まってしまっている場合でも、体外受精は可能です。

また、男性側に不妊の原因がある場合でも、可能です。精子数などによって人工受精にするのか体外受精にするか、顕微鏡受精にするかを決定します。無精子症の場合でも、精巣上体や精巣に精子が存在していれば、顕微授精や、多く採取できれば体外受精も可能です。無精子症だからといって、妊娠できる可能性がなくなるわけではないようです。

その他、子宮内膜症で受精ができない場合や卵子が傷つきやすくなっている場合や、抗精子抗体が高く妊娠できない場合も、体外受精が可能です。

体外受精というと、一般的には、IVF-ETといって、胚移植の事を指しますが、そのほかにも、顕微授精やギフト法、ジフト法などいくつかの方法があります。妊娠できない原因などにあわせて、医師と相談し方法を選ぶことが可能なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする