ARTの種類は

・IVF-ET(体外受精)

体外受精というと一般的のこの方法のことをいいます。卵子を体外に取り出し、精子と受精させます。この受精卵を培養することで胚にし、子宮に戻すという方法です。

・ICSI(顕微授精)

卵細胞質内注入法が一般的といわれている顕微授精。顕微鏡で卵子を見ながら細胞質内に精子を1個注入するという方法です。精子が1個でいいので、男性不妊の場合にも多く行われるようです。費用はIVF-ET+5万円から20万円ほどと、少し高額になります。

・GIFT(ギフト法・配偶子卵管内移植)

受精前の卵子や精子のことを配偶子といいます。この方法は卵子と精子を混ぜて、受精させる前に卵管の先の戻します。受精後の受精卵が子宮に移動する必要があるので、どちらかの卵管が通っている必要がある方法です。IVF-ET(体外受精)よりも妊娠率が少し高くなり、流産率も低くなるようです。ただ、腹腔鏡を使用するため、手術となり、入院が必要になります。

・ZIFT(ジフト法・接合子卵管内移植)

接合子というのは受精卵のことを言います。ジフト法は受精卵を卵管の先に戻す方法です。
卵管をとおり子宮に移動するため、ギフト法と同じように、片方は卵管が通っていることが条件となります。また、腹腔鏡を使用して行うのもギフト法と同じで、手術、入院が必要な方法です。
状態や原因などにあわせ、医師と相談しながら進めていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする