体外受精にもリスクがある

一般的な不妊治療を行っても妊娠できなかったり、不妊の原因があり自然妊娠ができない場合などでも、妊娠できる可能性がある体外受精。どんな治療にもリスクはあるのですが、体外受精にもリスクが存在します。

まず1つは、多胎妊娠の可能性が高いことです。多胎妊娠とは双子や三つ子などのことを言います。体外受精は妊娠の成功率を高めるために、いくつかの受精卵を母体に移植します。その中で1つだけが育つ場合もありますが、複数の受精卵がそのまま着床して妊娠となると、多胎妊娠となってしまうのです。多胎妊娠は、赤ちゃんだけではなく母体へのリスクも高まってしまうので、体外受精を行う場合には、この点を知っておく必要があります。特に、子どもを1人しか望んでいない場合などは、しっかりと考えましょう。

また、治療を行うときに排卵誘発剤を使用する場合があります。その場合、母体にかかる負担が大きくなってしまうことがあります。そのほか、母体から卵子を取り出すときに多量出血したり、麻酔が体に影響を及ぼすことも考えられます。体外受精を行う場合には医師からしっかりとリスクの説明を受け、治療法を理解した上で受けるようにしましょう。パートナーともよく相談しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする