体外受精と人工授精の違いとは?

不妊治療のひとつである体外受精と人工授精。何が違うのでしょうか。

まず人工授精は、精子を女性の子宮に直接注入する方法です。女性の体内で受精するのを待ちます。人工授精の場合には、精子を子宮に直接注入することで、精子の死滅率を減らすことができるので、受精の確立が高くなるのです。精子に問題がある場合に人工授精を用いる場合が多いようです。

それに対して体外受精は、卵子を取り出し、精子と受精させ、受精卵と成長したものを女性の体内に戻すものです。人工授精の場合には、精子を子宮に直接注入することで、政治の死滅率を減らすことができるので、受精の確立が高くなるのです。

体外受精は受精卵を直接子宮に注入するので、卵管に問題がある場合にも妊娠できる可能性があるのです。受精卵になった状態で子宮に戻すので、人工授精よりも体外受精のほうがいろいろな不妊の原因に対応が可能なのです。

人工授精がうまくいかない場合、体外受精へとステップアップするイメージがありますが、まずは違いをよく知り、医師と相談しながら治療を進めていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする