体外受精と顕微授精の受精の仕方

体外受精は、卵子を取り出し、精子と受精させてから子宮に戻す方法です。

その受精方法は、採取した精子と卵子を、シャーレといわれる容器の中で混ぜ合わせます。その後、インキュベーターで培養して受精させるのです。インキュベーターは、卵管の環境に近いそうです。

体外受精での受精は卵子や精子が自然に受精するのを待ちます。それに対して顕微授精は1匹の精子を卵子に直接注入する方法です。活発な精子をピペットといわれるガラス管に入れて、顕微鏡下で卵子に注入します。繊細な作業のため、医師の技術も大切になります。

顕微授精は医療操作となるため、費用も体外受精よりも高めになるようです。

体外受精の場合、体内で受精するよりも受精スピードが遅いといわれているので、病院によっては、環境による時間的なずれを解消するために、凍結融解肺移植を行う場合もあるようです。ちなみに、卵子と精子を受精、培養する人のことを胚培養士(エンブリオロジスト)といいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする