受精卵の凍結方法・ガラス化法

受精卵の凍結方法には急速凍結法と緩慢凍結法があります。そのうちの急速凍結法をガラス化保存法といいます。

生物の細胞の活動はマイナス190度以下で止まります。ガラス化法はマイナス196度の液体窒素で凍結し保存します。胚をそのまま凍結してしまうと細胞の中に小さな氷ができてしまいます。そうすることで細胞が破壊されてしまうのです。

ガラス化法は保存液ごと固めてしまうので、細胞を傷つける心配がありません。また傷害や細胞質や透明帯に亀裂ができる頻度が少ないメリットがあります。

ガラス化法は受精卵だけではなく、未熟卵、肺盤胞、卵子などすべて凍結することができます。ガラス化法で肺盤胞、前核期胚を凍結させて、条件を整えたところで溶かし移植するのが凍結融解胚盤胞移植、凍結融解胚移植といいます。

緩慢凍結法は、胚を凍結駅に浸して、ストローに入れます。そして2時間かけてゆっくりと凍結させます。
溶かすときはぬるいお湯につけ、凍結保存液を少しづつ薄めていくのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする