女性側の不妊検査

不妊の可能性がある場合、何が原因なのかを調べます。

・ホルモン測定
排卵はホルモンと関係があります。採血をして血液中のホルモン量を調べる検査や、ホルモンを投与し、体の反応を見る負荷試験があります。

・尿検査
尿をとり、ホルモンの分泌量を調べます。

・子宮体がん・子宮頸がん検診
不妊検査にも含まれますが、不妊と関係がなくても年に1度は検査をすることが理想です。

・通気・通水検査
卵管が通っているかどうかを見ることができる検査です。生理食塩水や炭酸ガスを子宮に注入して圧力の変化を見ます。卵管が詰まっている人には通りを改善する効果もあるので、治療として行われる場合もあるようです。

・抗精子抗体検査
精子を抗体とする免疫反応を見ます。精子を動かなくして受精を妨げる抗精子抗体は、男性にも女性にも作られます。

・クラミジア抗原抗体検査
細い綿棒を膣にいれ、子宮の入り口をこすって、クラミジア感染症に感染しているかしていないかを調べます。

・月経血培養検査
月経血から結核菌がないかどうか調べる検査です。

・風疹抗体検査
妊娠初期に風疹にかかっていると、生まれてくる赤ちゃんが先天性風疹症候群になる可能性があります。風疹の交代があるかどうかを検査します。

・感染症検査
B型肝炎やC型肝炎、エイズ、梅毒などに感染していないかを採血で検査します。

・その他
血糖、貧血、甲状腺、トキソプラズマ、CAI125を採血で検査します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする