不妊治療のステップ2

妊娠を希望しているのになかなか妊娠できない場合には、不妊治療を進めていくことになります。タイミング法や排卵誘発剤や薬物治療を半年から1年以上続けても妊娠できない場合や、タイミング法だけでは妊娠しにくいという原因が見つかった場合には、ステップ2として、人工授精を試すことになります。

人工授精は、男性から精液を採取し、女性の子宮や子宮頸管部に人工的に注入する方法です。精液を注入するだけなので、受精や着床は自然に行うものです。

人工授精は、夫の精子で人工授精を行う配偶者間人工授精と、夫以外の精子を提供してもらい、人工授精を行う非配偶者間人工授精があります。

不妊治療全般がそうなのですが、ステップ2ともなると、男性側の協力が不可欠となります。男性にとっては不妊治療に抵抗を感じる人もいると思うので、夫婦で相談し、納得しながら治療を進めていくようにしましょう。また、体外受精となると、治療費も高額になってくるので、治療をそのまま進めていくかどうかなども、相談する必要があるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする