不妊治療のステップ3

タイミング療法のあと、人工授精を行ってもなかなか妊娠できない場合、また、一般不妊治療や人工授精では妊娠できない原因などが見つかった場合、体外受精などの高度生殖医療を進めていくことになるようです。

体外受精は、精子と卵子を体外に取りだし、受精させてから受精卵を培養し、胚の状態にしてから子宮に戻す方法です。受精させてから子宮に戻すので、人工授精よりも妊娠率が高くなります。一般的に体外受精というとこの方法ですが、他にもいくつかの方法があります。

顕微授精といわれるものは、顕微鏡で卵子を見ながら1個の精子を受精させる方法です。この方法は、男性側の精子に問題があっても、1個でも元気な精子があればできる方法です。

配偶子卵管内移植は、GIFT法ともいわれて、卵子と精子を混ぜ合わせて受精する前に卵管の先に戻す方法です。戻すのが子宮ではなく卵管なので、どちらかの卵管が通っていることが必要となります。体外受精よりも妊娠率が少し高く、流産の確立が少し低くなるとも言われています。

接合子卵管内移植は、受精卵を卵管の先に戻す方法なので、こちらも卵管がどちらか通っている必要があります。

配偶子卵管内移植と接合子卵管内移植は、腹腔鏡下で行われるので、手術となり、入院も必要となる方法です。どの方法にするのかは、不妊の原因や状態により、医師と相談して決定します。金額も変わってくるので、しっかり相談して進めていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする