クエン酸クロミフェンとは

シクロフェニルよりも排卵誘発力が強い、内服薬の排卵誘発剤です。クエン酸クロミフェンは、クロミッドが良くしられていますが、卵巣からでるエストロゲンを抑えることで、卵胞刺激ホルモンという視床下部から出るホルモンを増やすし、排卵を促進します。排卵障害が重い人意外は、ほとんど排卵を促すことができるようです。

ただ、クエン酸クロミフェンを使った人の2から3割の人が、子宮内膜が薄くなったり、子宮頸管粘液の状態が悪くなるなどの副反応が起こり、それらの副反応が起こることで、妊娠を妨げてしまうことがあります。排卵率が高いメリットはありますが、副反応から妊娠率が低いというデメリットがあります。

クエン酸クロミフェンは女性不妊の場合だけではなく、男性不妊にも使用できます。

女性不妊の場合には、無排卵症、無月経、稀発月経に使用します。無排卵が不妊の原因となっている人は、このクエン酸クロミフェンから使い始めることが多いようです。また、正常に排卵されている場合でも、使用することで、妊娠の確率をあげる効果があるようです。人工授精時にも、妊娠確率を高めるために使われています。体外受精の時には、過排卵刺激として、排卵数を増やすために使用されます。黄体機能不全の治療にも効果的です。

男性不妊の場合には、ホルモン療法として使用され、テストステロンという男性ホルモンの働きを抑えてくれるだけではなく、FSHやLHの分泌を促してくれます。

女性の場合には、子宮頚管粘液の現象や子宮内膜が薄くなるなどの副反応が出ることがあるほか、エストロゲンを抑えるので、更年期に似たような症状が出る場合があるようです。また、多胎が起こる確率は焼く6パーセントのようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする