hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロビン)とは

不妊の症状を改善するために使用する薬にはいろいろな種類があります。原因にあわせて医師と相談して治療を進めていくことになります。

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロビン)とは、排卵を促すホルモンで、排卵誘発剤として注射されます。妊娠の維持には欠かすことができないホルモンです。女性の場合には、排卵症外のほか、黄体機能不全、多嚢胞性卵巣症候群などに使用されます。卵胞が排卵に適した大きさになったときに注射をします。黄体機能不全の場合には着床を補助するために、排卵後の高温期に注射することもあるようです。体外受精時には採卵36時間前に注射するのが一般的です。

男性の不妊の場合には、ホルモン療法に使用されます。ホルモン検査を行い、FSHやLHの低い人に投与します。

女性に使用した場合、卵巣過剰刺激症候群を引き起こしてしまうことがあります。卵巣過剰刺激症候群になると、お腹が張ったり急激な体重増加、吐き気などが起こる場合もあるので、少しでも異変を感じた場合には医師に相談しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする