多嚢胞性卵巣とは

多嚢胞性卵巣は、不妊の原因の1つです。卵胞は通常つきに1つづつ成熟します、卵胞とは赤ちゃんの卵が入っているのですが、その卵胞が卵巣の中にたくさん出来てしまうことを多嚢胞性卵巣といいます。超音波写真を見ると卵胞が黒い穴のようにうつり、ネックレスのように見えるため、ネックレスサインとも呼ばれているようです。

たくさん卵胞が合っても中身は水を含んでいて嚢胞状に変わってしまうので、1つ1つは成熟しにくい状態になってしまうのです。また、卵巣の皮が硬く厚くなってしまうという特徴もあり、卵胞が成長しても、卵巣の皮を破くことができず、排卵を起こすことができないことがあります。多嚢胞性卵巣症候群となると、無月経や不正出血、男性ホルモンが過剰になることによってにきびが出来やすくなったり、多毛になる、肥満などの症状を起こすのです。多嚢胞性卵巣になると9割が排卵障害となり、その20から40パーセントが多嚢胞性卵巣症候群であるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする